有機野菜の特徴



農作物にとって最も大切なのは土(土壌)です。


しかし化学肥料などで汚染された土で生産された野菜(農作物)は安全性はもちろん、栄養価も低くなり、その野菜自体、弱くなってしまうため、農薬を使用して虫や病気から守るのです。


つまり化学肥料を使えば使うほど農薬も使わなければならなくなり、人間の体にとって良くない野菜などが栽培されるのです。


逆に有機野菜(オーガニック野菜)は原則として化学肥料、農薬を使用しないで栽培されるので以下のような特徴があります。


 有機野菜(オーガニック野菜)の特徴



◎形が不揃い


有機野菜(オーガニック野菜)は可能な限り農薬、化学肥料を使用しないので形が不揃いで不格好になりやすいです。


しかしそれこそが野菜(農作物)本来の形なのかもしれません。


◎値段が高い


有機野菜を栽培するにはコスト、手間、時間がかかり、出荷数も少ないので必然的に普通の野菜(農作物)よりも値段が高くなります。


◎安全性が高い


有機野菜は極力、化学肥料、農薬を使用せず、できるだけ自然界に存在する堆肥などの肥料を使って栽培されるため、有機野菜でない野菜に比べて安全性が高く安心して食べることが出来ます。


◎栄養価が高い


化学肥料は農作物の成長を促進する役目があるため、化学肥料を使用して育てられた野菜(農作物)は成長が早く、栄養素が蓄積される前に収穫されるので、可能な限り化学肥料を使用しないで生産された有機野菜に比べてビタミン、ミネラルなどの栄養価が低い、つまりじっくり育てられた有機野菜は化学肥料を使用して育てられた野菜に比べて栄養価が高いことが分かっています。


◎味が濃くて美味しい


化学肥料を使用していない土で育てられた有機野菜は味が濃いことも大きな特徴です。


化学肥料を多く使った土で育てられた野菜は味が薄いためドレッシングなどで味付けして食べなければ美味しく食べられませんが、有機野菜は野菜本来の濃い味がするので、ドレッシングなどなくても美味しく食べられるのです。


◎環境にやさしい


農薬、化学肥料を使用しないということは「地球にやさしい=エコ」、つまり有機野菜、有機栽培は環境にもやさしいのです。


 有機野菜の調理法



有機野菜(オーガニック野菜)は、化学肥料、農薬を大量に使われた野菜(農作物)に比べて害虫(微生物)などが付きやすいので、食べる前、調理する前に水でよく洗ってから食べるようにしましょう。




鮮度抜群の旬野菜などをお試し価格で♪

Oisixは有機栽培を中心とした農作物(野菜・果物)や、安全な畜産物、水産物、添加物不使用の加工食品をご自宅へ。放射線検査実施で安心♪

有機野菜

オーガニック野菜について

宅配業者一覧

リンク集&免責事項

SNS / bookmarks

サイト更新日


平成29年12月1日

お問い合わせ


Copyright © 2009-2017 有機無農薬野菜宅配 人気ランキング. All rights reserved