有機野菜の意味・定義とは?


輸入野菜(主に中国からの輸入野菜)から基準値を遥かに超える量の農薬が検出されてニュースでも大きく取り上げられるなど、ここ最近、“食の安全”が叫ばれることが多くなり、体(健康・美容)のことを考えて有機野菜(オーガニック野菜)を食べたい、または家族に食べさせてあげたいと思う日本人は年々、増加しており、有機野菜に注目が集まっています。


多少、値段が高くても「安全な食品(野菜)を食べたい」と思っている方が増えているのです。


しかし、

そもそも有機野菜(有機食品)って何なの?

普通の野菜と何が違うの?

有機野菜の定義、意味って?


と、有機野菜を食べたい、またはすでに食べていても、有機野菜について正確に知っている方は以外と少ないようです。


では有機野菜の意味、定義についてみていきましょう。


有機とオーガニックは同じ意味合いで使用されていますので、「有機野菜=オーガニック野菜」と考えても良いと思います。


 有機野菜の意味・定義



このマーク見たことありますか?



有機JASマーク


これは「有機JASマーク」といって、農林水産省の認定登録機関の厳しい検査に合格した食品(農作物)のみが付けることを許されているマークですので、農林水産省(認定登録機関)によって認定されていない食品(農作物)は有機JASマークを付けることはもちろん、有機食品(有機野菜)と表示して出荷することができないのです。


つまり、このマークが付いている食品(農作物)であれば有機食品(有機野菜)と思って間違いありませんが、逆にいくら有機食品などと謳っていても、この「有機JASマーク」が付いていない食品(野菜)は農林水産省の認定登録機関によって認定された有機食品ではないということです。


具体的に有機野菜の定義は有機JAS法(2001年施行)によって以下のように定められています。


単年作物(ほうれん草など)は植え付け(種まき)前2年以上、多年作物(りんご・みかんなどの果物)は最初の収穫前の3年以上は化学肥料や農薬を避ける事を基本にして、堆肥(鶏糞・わら・落葉などを積み重、腐らせて作った肥料)などで土を肥やした田んぼ、畑で生産された農作物で、国が認めた認定登録機関により有機JAS認定を取得した物。


つまり有機野菜は2年以上(果物などは3年以上)、原則として農薬(化学肥料)を使っていない田んぼ、畑で栽培され、農林水産省の認定登録機関の検査に合格した野菜のみが有機野菜(オーガニック野菜)と表示することが出来るのです。


ただ農林水産省指定の安全性が高い農薬(化学肥料)の使用は認められていますので、厳密には有機野菜といっても一切、農薬を使っていないというわけではありません(もちろん一切、農薬を使用していない有機野菜もあります)。


またどんなに自分の田んぼ(畑)で有機栽培をしていてもまわりの田んぼ、畑が農薬、化学肥料を使用している場合、風によって有機栽培している田んぼ、畑に農薬、化学肥料が飛んできてしまいますので、その場合も認定を受けることはできないのです。それほど認定登録機関によって認定されることは難しいのです。


 有機食品の意味・定義



上記のような野菜だけでなく畜産物、加工食品なども以下のような条件を満たし、農林水産省(認定登録機関)の検査に合格すれば「有機JASマーク」が付けられ、有機食品と表示して出荷することが出来ます。


飼料は主に有機農産物を与える。

野外への放牧などストレスを与えずに飼育する。

抗生物質等を病気の予防目的で使用しない。

遺伝子組換え技術を使用しない。

科学的に合成された食品添加物や薬剤の使用は極力避ける。

原材料は、水と食塩を除いて95%以上が有機農産物・有機畜産物・有機加工食品である。


認定登録機関は国から認可された団体のことで、全国に約70以上の団体があります(平成26年時点)。




注文受けて収穫⇒出荷なので鮮度抜群♪

Oisixは農薬の使用をできるだけ控えた野菜、果物や、添加物不使用の加工食品をご自宅へ。放射線検査実施で安心♪

有機野菜

オーガニック野菜について

宅配業者一覧

リンク集&免責事項

SNS / bookmarks

サイト更新日


平成29年3月1日

お問い合わせ


Copyright © 2009-2017 有機無農薬野菜宅配 人気ランキング. All rights reserved